グルテンフリー腸活

40代主婦愛木らむのブログ/食事療法としてのグルテンフリー生活、引き寄せの法則、フェレット

私の家政婦ナギサさんにも「エモい」「ポケットからキュンです」の描写が散りばめられている

らむです🦩✨私の家政婦ナギサさんにハマってます。

山中さんのネットビジネスサロンに入らせてもらってからドラマの見方ひとつとっても視点が代わりましたが、本当に今若者の間でトレンドの「エモさ」がビシバシ入れこんでありますね!

古き良き時代の日本の「おかあさん」というエモさの王道がテーマの上、「ブランコ」「白黒ハチミリフィルムイメージ再現」、往年のアイドル富田靖子さんがほぼスッピンメイクで登場してるだけでもエモいのに、なんたるエモさ炸裂のドラマでしょうか。

しかも、徐々に恋愛の方も進展しはじめて後半に行くほど「ぽけっとからキュンです」になってきていますね。

しかし、私の大好きだったあの天才ファンドマネージャー鷲津政彦(ハゲタカの主人公)が、あれから10年で家政婦のおじさんて(*´・ω・`*) 

私には、そっちの事の方がエモさの極みです( ´д`ll)

第4回放送で「元会社員でした」みたいな台詞あって、そうだよ、そうだよね、あなたはアカマ自動車を守り日本を救ってくれたホワイトナイトだったではないですか😭

あれから10年たち金融の世界をやめて家政夫に転職されてたなんて(*´・ω・`*) 

……と、まぁ私のハゲタカ時代の大森南朋(鷲津政彦)好きを知ってる友人たちも、今、鷲津役だった大森南朋氏が家政婦のナギサさんになって驚いて、私に「ハゲタカの彼、家政婦になったね!」と言ってくる次第で。笑笑

大森南朋氏が別人になれるのは寺島しのぶさんとの共演映画ヴァイブレータでトラック野郎を演じて、これまた鷲津とは同一人物とは思えない程の演技力で存じてましたが、今度はおかあさんのような家政婦とは!!(꒪⌓꒪)

昔、どの監督さんか忘れましたけれど、「普通役者はキャラクターが立ちすぎて、役に合わせた俳優をあてるのだけど、大森南朋という俳優は、個を消せる凄い役者だ」と絶賛していた記事を拝見したことがありました。

本当に良過ぎる意味でカメレオンのように、どんな役でもハマる凄い役者さんだと改めて思いました。

母はハゲタカ時代の大森南朋氏とさまぁ〜ず(バカルディ)の三村マサカズ氏を同一人物と思っていたのはここだけの話しです🤫