itamania.com

愛木らむ/グルテンフリー腸活とフェレット愛太郎

食はお金さえあれば誰でも楽しめる大衆的な趣味??

f:id:angelbell:20210527140025j:image

「服と同様、食にもこだわない。お金さえあれば誰でも楽しめる大衆的な趣味だからです。それよりも本を読んだり、楽器を弾いたりする。楽しむまでに知識や経験を必要とするものに時間をかけたいというのが、私の考えです。」

というある著名な方の投稿が違和感で目に留まった。

「食べる事」と「楽器を弾く事」を同列に考えるのは違う気がするなぁと。

「楽器を弾く事」を「食」で同列にするなら

「料理をする事」がイコールかと。

もしくは「料理を食べる事」と「音楽を聴く事」が同列では。

これならインプットとアウトプットで同列で揃えられる。

「食べる事」と「聴く事」なら両方とも知識や経験を必要としなくてもお金さえあれば楽しめる。

でも「料理する」になれば、楽器を弾く同様、知識や経験を必要とする事になる。

それと、食は「大衆的な趣味」と「食はお金さえあれば誰でも楽しめる」という書き方に、トゲを感じた。自分は大衆側の人間ではないと言いたい気持ちが伝わったし、きっと私が食にこだわる大衆側の人間だから。笑

食に拘る人と何かあった?

先にトゲを刺された出来事があったとか?

勝手に好印象を持ってた人だったから、たまたま目にしたこの文面に意外というか驚いたというか、食に携わる人に愛や感謝を感じられない文章で残念だったし、何かしらの不満を抱えているのがこの形になって噴出してしまったのかな?

というのが私の考えです。