itamania.com

愛木らむ/グルテンフリー生活とフェレット愛太郎

【閲覧注意】イノベーティブ料理タパスモラキュラーバーで牛窪シェフのアーティスティック料理を堪能してきた件

お祝いでイノベーティブフュージョンレストラン(モラキュラー料理)に連れてってもらいました。

ここタパスモラキュラーバーの料理長牛窪シェフは、アートの世界から料理に転身したというユニークな経歴を持っていて、一皿一皿が全てアーティスティックな作品。

食べてこの世に消えてしまうのが申し訳なくなるような料理が次々と14皿も出てくるので、ひたすら写真に収めました。

アートギャラリーのようにご覧いただければと。

でも、これから行ってみたいという方は、マジックの種明かしみたいになってしまうので、ここから先は見ない方がいいかも。

今後このタパスモラキュラーバーに行く予定のない方、もしくは11 月くらいになったらメニューが新しく変わると思うので直ぐに行かない方は、見てもいいかも。

 

f:id:angelbell:20211003230249j:image

トップバッターはドーナツから🍩

ドーナツと聞くと甘い味を想像しますが、これはキャビアのドーナツ。ランプフィッシュなんかじゃないです。ホンモノ♡贅沢すぎる💕

f:id:angelbell:20211003230312j:image

本物のいくらと人工いくらの違いを愉しんでとのこと。
f:id:angelbell:20211003230254j:image

スパイスラボトーキョーでも似たのが出てきたなぁと思ったら、やはりインドのストリートフード由来でした。
f:id:angelbell:20211003230325j:image

海老の天ぷら出汁茶漬け。パリパリの殻も頂きました🦐
f:id:angelbell:20211003230304j:image

これが液体窒素の中で作られたムース

初めて経験する不思議な食感。
f:id:angelbell:20211003230328j:image

手の上に液体窒素をかけてもらいました。

ひんやりきた空気がふわんふわんしました。
f:id:angelbell:20211003230300j:image

これ温泉玉子にみえるビーガン玉子。牛窪シェフが苦労して編み出した彼にしか作れない逸品です。

味も温泉玉子みたいで、何も説明なかったら、温泉玉子を食べたと思うかも。

外国人はビーガンが多いので、感激されて業界の人からレシピを売って欲しいと言われたりするそうです。でもとても難しいので多分他の人には作れないから断ってるって。

ビーガンの人にぜひ食べてみてもらいたいです。

f:id:angelbell:20211003230331j:image

ラビオリ、イチジクに
f:id:angelbell:20211003230320j:image

黒トリュフを目の前でたっぷりかけてくれました。
f:id:angelbell:20211003230243j:image

お皿にのせたソースをスプーンの平で思い切り叩いた(ソースがあちこち飛び散るw)アーティスティックな盛り付け🎨👨‍🎨
f:id:angelbell:20211003230314j:image

響きのウイスキーをたっぷりかけた🥃
f:id:angelbell:20211003230306j:image

カトラリーも毎回アーティスティックで。

これなんてポルシェデザインのナイフですよ。

切れ味が良くて、お肉なのに豆腐切ってるみたい。

【ビキニ👙】

f:id:angelbell:20211003230257j:image

アミノ酸たっぷり感じられるコンテ&ブリードボー21ヶ月ものチーズのサンドウィッチ
f:id:angelbell:20211003230309j:image

ハチミツの巣に見立てたスイーツ🍯

これも液体窒素で作られたアイスクリーム。

口溶け感が不思議すぎて脳裏に焼いついてる。
f:id:angelbell:20211003230245j:image

欲しい形のバナナの型が手に入らないからと、自分でモルドで型まで作ったという。

つまり牛窪シェフしか持ってない型ということ。

拘りすごいw

白い粉が、冷たいのに口の中に入れた瞬間冷たくなくなって消える。

ドンパッチが入ってた。笑笑
f:id:angelbell:20211003230252j:image

コケダマ🪴を育てていて、それを再現。その自宅のコケダマ写真を見せてもらったらそっくり。笑笑

でも外側の緑はブロッコリー🥦ちゃんとスイーツ。

ローズマリーを手で掴んで手掴みで頂きました。

【チャイ】
f:id:angelbell:20211003230322j:image

チャイ飲むの大好きで週に2回はチャイを淹れて飲んでます。だから飲めるの楽しみにしてたのに、これは、液体窒素で作られたチャイ。食べ方注意、やけどしないように急いで噛んで鼻から白い煙りをモクモクだして食べます。

f:id:angelbell:20211003230317j:image

最後はチョコトリュフで締めくくりになりました。

まるで食べるディズニーランドのジャングルクルーズみたいで、船長(シェフ)や同席したお客さんとも一体になって食の旅をするテーマパークのような空間でした。

こうしたスタイルの食べ方は、赤の他人ともペースを合わせて食べていかないといけないので、どんな人と同席するか運もあり好みがわかれそうですが、私はこの一期一会の食事スタイルも楽しいなぁと思いました。