愛木らむ

SDGsを取り組みながら生活する40代主婦の健康ブログ

パスクイーニの初摘み生搾りノンフィルタート(無ろ過)オリーブオイルの話

暮れにいつもの一年分の初搾りオリーブオイルが届いたんですが、今年から瓶が変わりました。

https://www.instagram.com/p/Br77GBwgr8A/

左側の丸い瓶が今年からの。

遮光して酸化をより防ぐ為とか。

透明の角瓶が、好きだったのになぁ。

ここのオリーブオイルは10年以上お世話になっているんですが、一度ここのオリーブオイルを知ってしまったら変なのは使えなくなるかも。

よく健康本や健康番組でもオリーブオイルを飲むと良いと言うけれど、その辺のスーパーで買うような安価なEXオリーブオイルなんて、不味くてねっとりベタついて飲めたもんじゃない。 (オリーブオイルは飲み物です)

中には平気で炎天下の店頭に置いてて酸化してるの平気で売ってるお店もあったりで、イタリア人が日本人の食べてるオリーブオイルを食べたら酷くてビックリするのでは?

あーいうのがよく聞く産地ロンダリングされたものなの?トルコ産オリーブをイタリアに持ってきてイタリア産として世界各国に輸出され売られているという話。

日本で本物の美味しいオリーブオイルを食べたかったら能動的に探し求めないと、まず出会えないのが実情ではないでしょうか。

だから私はパスクイーニのオリーブオイルと出会えて本当についてると思って。それでもパスクイーニと出会うまで数年かかってますからね。

私のオリーブオイル好きが始まったのは20年前に遡るんですが、当時イタリアに行ったとき、トスカーナでとあるレストランの自家製ノンフィルタートの初摘みオリーブオイルと出会いました。

食べた瞬間、これが本物のオリーブオイルなんだと恋に落ち、それ以来、日本で伊勢丹など百貨店で開催されるイタリア展に足を運んでは初摘みオリーブオイルを探し求める日々を送っていました。

でもデパートだけに何やら賞取ったうんぬんの高級フィルタートしかなくて。

毎日サラダにドレッシングとして沢山かけて食べられるようなものじゃない。

そんな中しばらくして日清オイリオの初摘みオリーブオイルに出会えたので、瓶もカッコいいし、これは本物のトスカーナ産だとわかるので気に入ってしばらく頼んでいましたが、それだって手頃ではないので一年分なんて買えません。

そんな時に、このパスクイーニに出会ったのです。

ここの社長さん、とても良心的な方で、食べ物に付加価値をつけるのはよろしくない、という心情をお持ちなんです。なので、現地の人が買う値段に近い金額で提供して下さっているのです。ありがたや〜。 

しかも宣伝広告費ゼロ、口コミだけで凄い勢いで輸入数が増えています。だって私だって、初年度は二本だったけれど翌年からワンケース、数年前からは毎年2ケース注文してますからね。全部身内だけで消費ですよ。

私だけでそれなんですから、どれだけの勢いでパスクイーニのオリーブオイルが売れてるか、グラフにしたらうなぎ登りなのではないでしょうか?

数年前からは、知らない人はいない一流ホテルのレストランシェフも感動して使っていると聞きました。

でもきっとテレビでは絶対紹介されないと思いますね。困る人たちがいるし、テレビは宣伝のツールだから売りたいものしか紹介されませんもんね。

しかも、宣伝しないで口コミだけで売れてるからクレームがゼロなのだとか。百貨店からのオファーも断っているそうです。断る理由も聞いたけれど、ここではあえて書かないけれど、好きな人、欲しい人、食べたい人だけが買えばいい、そういう方針の社長さんなので、私のように口うるさい根強いファンが口コミだけで増えているのも頷けますよね。

これからもずっと愛用していくと思います。