愛木らむ

40代主婦のCTimeとSDGsな暮らし/時短グルテンフリー料理/フェレット愛太郎

蓄熱湯たんぽが今年の温活必需品になりました

f:id:angelbell:20191120011029j:image

ここ数年、温活、冬の寒さ対策には電子レンジであっためるだけで朝まで温かさが持続する「ゆたぽん」一択だったのですが、今回新たにこの充電式の湯たんぽが仲間に加わりました。

f:id:angelbell:20191120011024j:image

電子レンジが使えない環境で使えるのがめちゃくちゃ良いです。車載充電器さえあれば、車の中で充電して使えるので災害時やキャンプのときなどにも使える優れものだと思いました。

しかもお値段が2500円しませんでした。

ゆたぽんよりは高いですが、充電式で繰り返し使えるのでコスパはかなり良いと思います。

 

 


成分:水(交換不要)
番熱通電時間
120分前後/(室温・水温とも20℃の場合)
蓄熱カイロ目的:膝や足裏を温める用途を想定(室温20°Cの場合)
温度持统 時間 ①膝上使用の場合:6時間前後の足裏使用の場合:4時間前後
蓄熱アンカ目的:約8時間前後ふとん内を想定(室温15℃の場合)
表面温度
60℃前後/室温20℃時目安
消費電力
270W

蓄通電電源
AC100V 50/60Hz
電源コード長さ
約1m
表具:ナイロン、
内部蓄熱水容器: PVC柔軟性素材(4層構造)
カバー 材質
ポリエステル100%

約横幅270 X 縦190 X高さ70mm(カバー含む)

約1.2kg(カバー含む)

カバー1枚、蓄熱充電器1個
※奮熱時間は、周囲温度や内部の水温により左右されますので目安としてください。
※温度持続時間は、室温とカバーの表面温度差が15℃になる所要時間を示しています。
個人差や周囲の環境や温度により差がありますので、必要に応じて再蓄熱をしてください。
※仕様は予告なく変更することがあります。